×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボイストレーニングってどんなトレーニング?

ボイストレーニングとは、発声練習のことです。主に歌手や俳優、またその職業を目指している人がボイストレーニングを行います。通常、ボイストレーニングは腹式呼吸による発声技術を習得し上達させることを目的としています。歌手にとってはボイストレーニングは基礎中の基礎ですが、「腹式呼吸に拘りすぎて個性がなくなる」とボイストレーニングに否定的な見解を持つ楽曲制作者もるようです。近年、日常生活やビジネスでのコミュニケーション手段としてボイストレーニングが注目されており、大きく魅力的な声を出すことによりコミュニケーション能力を高めるという目的でボイストレーニングを取り組む人も増えています。又ボイストレーニングの腹式呼吸をする事で、引き締まり痩せ易い体になる為、ボイストレーニングの矯正器具も発売されている程注目度は高いようです。
ボイストレーニングって、どのようなイメージなのでしょう?ひたすら腹筋をしたり、とにかく大声で叫ぶように歌うイメージを持っている方もいるようで……
実は“歌を歌うための”ボイストレーニングの方法をしっかり教えることが出来るボイストレーナーは、とても少ないのです。

ボイストレーニングの目的は何?

ボイストレーニングの目的は、カラオケなどでは上手く歌えている人でも、レコーディングで1曲を吹き込むと、自分の声とプロの声ではあまりに差があり過ぎて、ガッカリすることがあるようです。ボイストレーニングを積んで自分の声を“楽器”として自由に使いこなせるプロ・シンガーと、素人で差があるのは当たり前で、これはガッカリすることはありません。そのためにボイストレーニングがあるのです!ボイストレーニングの大きな目的は、あなたの声を、楽器にすることです。もしボーカリストを目指すなら、あなたの声は世界にたった一つしかない楽器です。ボイストレーニングで大切にしてください。歌声を自在に出すためには、ふだん意識していない“呼吸”と、“声帯”を含めたおなかから唇までの“筋肉”を、意識してコントロールする必要があります。それを訓練するのがボイストレーニングで、声帯の特徴から来る声質自体は変わりませんが、地声の音域が広がって大きな声を出しても声質が安定し、歌の表現力が格段にアップします。音楽のボイストレーニングはまず声帯を痛めないことを重視しながら進めます。

ボイストレーニングを積むと耳が育つ?!

ボイストレーニングを積むと耳が育ちます。音程が正しくなることもそうですし、好きなCDを聴いたときに、そのアーティストが今どんな歌い方をしたのか、どうやって声を出しているのかが細かくわかってきます。そしてその歌い方を自分で再現するためには、普段よりずっと音に集中しなければなりません。なのでボイストレーニングを積むと自然と音に厳しくなり、音楽センスがぐっと磨かれていきます。
ボイストレーニングを絵の世界に例えると、デッサンに似ています。美しい絵を描く人は“物を見る”力が優れているのであり、手を動かす上手さはあんまり関係ないでしょう。またボイストレーニングを料理の世界でいえば、素晴らしい料理を生み出すシェフは必ず優れた“舌”を持っています。では素晴らしい歌を唄うアーティストは?そう、“耳”が大事なのです。

Copyright © 2007 ボイストレーニングでダイエットできるの?